日々、ストレスと付き合っております

大学生時代、過労と過剰なストレスで深刻なうつ状態となって以来、身体の不調と闘いながら日々の生活を送る20代男のブログです

休学

たーふぉんです、お久しぶりです。



気持ちも落ち着いてきたので今回は退学について、忘備録的に書こうと思います。



8月下旬に研究室の指導教員に辞めたいと思っていることを打ち明けました。先生は驚いたんでしょうが冷静に話を聞いてくださいました。


自分が脳の働きが鈍って思うように活動できなくてもどかしかったこと、今の生活が過剰な負荷になっていること、仕事に病気を持ち込みたくないこと


先生に伝えると、いろんな方法を提案してくださいました。負荷を減らして院生を続ける方法はあると教えてくれましたが、僕が引き下がらず、結局辞める流れとなりました。


教授にももちろん話をし、教授と指導教員と僕の3人で話もしました。そこででた結論は「休学して仕事が見つかり次第退学する」ということになりました。



現在は休学も認められ、10月以降から大学に行かなくなることが決まりました。


研究室のメンバーにも事を伝え、現在は学会の準備をする日々です。



…休学になるにあたりいろんな人に迷惑をかけたなと嫌でも思い知らされます。


特に指導教員に対しては学部生の時からポンコツな自分を怒りもせず基本から教えてくださったにもかかわらず、途中でテーマを投げ出してしまい、ほんとに申し訳ないです…。


この文章には書きませんが両親にも余計な負担をかけさせてしまったことも正直後ろめたい。



たくさんの人に迷惑をかけて決めた休学でしっかり治療が進む事を今は祈るばかりです。



しっかり前を向いて行こうと思います。




たーふぉん